2011年7月アーカイブ

b.glen(ビーグレン)の毛穴の開き・黒ずみ対策セット

毛穴の黒ずみを除去する商品の中で、とても人気があるのは、「b.glen(ビーグレン)の毛穴の開き・黒ずみ対策セット」です。

クレイ洗顔で角栓を取り除き、EXポリリン酸でコラーゲンを増やし、ビタミンCで肌の酸化を防止するという流れになっています。

とても人気の商品のようですが、実際に使用した人の口コミを調べてみると、

【良いところ】
・毛穴の黒ずみ・汚れが良く落ちる
・洗いあがりはしっとりした感じ
・毛穴が小さくなり目立たなくなった
・毛穴はもちろん肌の状態も良くなった
・鼻の横にあった白ニキビがきれいに取れた
・肌がツルンと光るほどになった

【悪いところ】
・値段が高い
・通販なので手に入れるのが面倒
・濃いメイクは落ちにくい

濃いメイクを落とすときには、あらかじめクレンジング専用のクリームで落としてからダブル洗顔として使うと良いかもしれません。

まずは、トライアルセットを購入してみると良いでしょう。

トライアルセットは、クレンジングクリーム、ローション、ビタミンC美容液がセットになっています。

勧誘の電話もないので、安心です。

↓詳しくはこちら↓




毛穴の黒ずみを除去するクレンジング「VCOマイルドクレンジング」

毛穴の黒ずみを除去するのにオススメのクレンジンは、「VCOマイルドクレンジング」です。

ダブル洗顔では落としきれなかったアイメイクなどのポイントメイクを落としたいという方におすすめです。

濃い目のポイントメイクを少しなじませてから、指を軽く滑らせるだけで浮かび上がり、すっきりと落とすことができるのです。

VCOマイルドクレンジングは、植物由来の界面活性剤を使用し、低刺激でやさしいクレンジングなので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

VCOマイルドクレンジングの主な成分は、サンザシ・オレンジ・リンゴ・ザクロ・ナツメ・グレープフルーツ・レモン・ライムで、これらの主成分から抽出した天然植物成分が肌の老化原因となる古い角質・肌の老廃物をやさしく取り除き。お肌のターンオーバーを促進してくれます。

使い方はとても簡単です。まず手のひらに500円玉くらいの量をとり、手のひらで温めます。
そして、ポイントメイクの濃い部分からなじませて、指をやさしく滑らせていきます。顔全体になじませたらお湯でしっかりと洗い流しましょう。


クレンジングのあとは洗顔しますが、VCOマイルドソープを使用すればさらに効果的です。

VCOマイルドクレンジングとVCOマイルドソープをセットで購入すると、通常価格は5,980円ですが、今なら初回限定で半額の2,990円で購入することができます。

これは約2ヶ月間使用できますのでたいへんお得です。

VCOマイルドクレンジングの公式サイトはこちら!



毛穴の黒ずみをオリーブオイルで除去する方法

オリーブオイルというのは、毛穴の酸化した角栓を溶かすはたらきがあるので、毛穴の黒ずみを取り除くのにとても効果的です。そこで、オリーブオイルを使って、毛穴の黒ずみを除去する方法を説明します。

まず最初に、タオルを水で濡らして絞り、電子レンジで30秒くらい温めて、蒸しタオルの状態にします。それを顔に3分ほど乗せて、毛穴を充分に開かせます。

その後、オリーブオイルで、ゆっくりと円を描くようにマッサージします。オリーブオイルは、普通にスーパーなどで売っているもので結構です。オリーブオイルは、余分な皮脂を溶かしてくれますので、丁寧に洗いましょう。

マッサージが終わったら、洗い流さずにそのままの状態で、洗顔石鹸で顔を洗います。洗顔石鹸はよく泡だててからつけるようにし、その泡で皮膚を丁寧に洗顔します。

オリーブオイルの洗い残しがあると、肌に負担がかかりますので、洗顔は2回行って、オリーブオイルを完全に落とすようにしてください。

洗顔が終わったら、化粧水で水分補給をたっぷりと行いましょう。

そして最後に、冷たいタオルを顔にあてて、毛穴を引き締めてあげると良いでしょう。




毛穴の黒ずみを除去するためのパックの方法

毛穴の黒ずみや汚れを除去する方法として、毛穴専用パックというのもありますね。
しかし、毛穴専用パックは、はがす力がとても強いので、毛穴の汚れだけでなく、健康な皮膚までもはがしてしまい、肌にダメージを与えてしまうことになりますので、使いすぎには注意しなければなりません。

そこで、オススメなのが、スチームパックという方法です。

スチームパックのやり方は、まず初めに、洗面器に80度前後のやや熱めのお湯を入れます。
このとき、サンダルウッド・カモミール・ローズなど、皮脂に効果のある精油を数滴入れても良いでしょう。

次に、毛穴を充分に開かせるために、洗面器から30cmくらいの距離に顔を近づけて、洗面器から出てくる湯気を3分くらい顔に当てます。
このようにして毛穴を開かせておけば、余分な皮脂や汚れなどが落ちやすくなります。

その後、洗顔をします。Tゾーンや小鼻は特に汚れやすい部分なので、念入りに洗いましょう。
洗い終わったら、洗顔料が残らないように良くすすぐことが大切です。

最後に、保湿をたっぷりとしましょう。皮脂の汚れを取ることも大切ですが、保湿不足は毛穴の黒ずみや汚れを促進することになりますので、保湿はしっかりと行いましょう。

毛穴の黒ずみを除去するための正しいクレンジングの方法

毛穴の黒ずみを除去するためには、正しいクレンジングの方法を身につけることが大切です。
そこで、正しいクレンジングの方法について説明します。

クレンジングを行う前に、髪が顔にかからないように、ヘアバンドなどでしっかりとまとめておきましょう。

まず最初に、皮脂成分の多いTゾーンからはじめます。クレンジング剤を下から上へと円を描くようになじませることで、毛穴の奥に入り込んだメイクや皮脂汚れを効果的に浮き上がらせることができます。

このとき、力を入れてゴシゴシ洗うと肌に余計な負担を与え、肌のトラブルの原因となりますので、やさしく洗うようにすることが大切です。

特に毛穴の黒ずみが目立ちやすい小鼻や鼻筋は、人差し指と中指の腹を上下に動かし、やさしく丁寧に洗うようにしましょう。

また、あごの中心から耳の付け根に向かっては、らせんを描くようにクレンジング剤をなじませていきます。

最後に、目元、まぶた、こめかみ、下まぶた、目頭の順にクレンジング剤をなじませていきましょう。目元は特に傷がつきやすいので、やさしく洗いましょう。

クレンジング剤が肌全体になじんだら、ぬるま湯で素早く洗い流しましょう。このときは、手のひらで強くこすってはいけません。お湯を顔にかけるような感じでクレンジング剤を落とすようにしましょう。


クレンジング剤が肌全体になじんだら、ぬるま湯で素早く洗い流しましょう。
このときは、手のひらで強くこすってはいけません。
お湯を顔にかけるようにしてクレンジング剤を落とすようにしましょう。

クレンジングの基本とクレンジング剤の選び方

メイクを1日中していると、肌にダメージを与えてしまいますので、帰宅したらなるべく早くクレンジングを行うことが大切です。1日のメイクの汚れはその日のうちに取り除いて、肌をクリアな状態にしておきたいものです。メイク製品には、肌に密着させるために油分が含まれていて、この油分は水だけでは除去できないので、それを落とすのがクレンジング剤の役割です。

クレンジングが不十分だったり、肌に合わないクレンジング剤を使ったりすると、毛穴の黒ずみの原因や様々なトラブルの原因になったりします。ですから、自分に合ったクレンジング剤を見つけ、クレンジングの正しい方法を身につけることが大切です。

クレンジング剤には様々なタイプのものがありますが、オススメなのは、ジェルタイプやクリームタイプのものです。

ジェルタイプは、メイクになじませやすく、弾力性があるので、肌への摩擦が少ないのが良いところですが、ウォータープルーフのメイクは落としにくいので、専用のクレンジング剤と併用しましょう。クリープタイプは、肌に伸ばしやすく密着しやすいですし、保湿効果がとても高いという点が優れています。

オイルタイプのものは、洗浄力の点では優れているのですが、界面活性剤を含んでいるため、肌に必要な油分や水分を奪いすぎてしまうため、毎日使うものとしては、あまりオススメできません。

また、シートタイプのものは、水を使わずに、いつでもどこでも手軽に拭き取れる点は良いのですが、汚れを落とす力は弱く、毛穴に入り込んだメイクを落とすのはなかなか難しいので、あまりオススメできません。








毛穴の黒ずみを除去するための正しい洗顔法

洗顔のしかたが間違っていると、毛穴の黒ずみができてしまいますので、毛穴の黒ずみを除去するためには、正しい洗顔方法を身につけなければなりません。

洗顔をするときには、まず最初にぬるま湯で顔全体をざっとあらいます。
次に手のひらに洗顔料をつけてしっかりと泡立てます。
最初にTゾーン、次に顎、頬、目もと、口もとの順番に洗います。

このとき、Tゾーンや小鼻は皮脂分泌が多いので、特に念入りに洗いましょう。
両手の中指の腹で小さく振動させるようにし、泡が固まった黒ずみを削りとるように除去していきます。
目もとや口もとは、デリケートな部分なので、あまり強くこすらずに、やさしく洗ったほうが良いです。

顔全体を洗い終わったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。
毛穴の黒ずみを除去するためには、すすぎがとても大切なのです。
小鼻のあたりや髪の生え際などはすすぎ残しが多いので特に注意しましょう。

最後にタオルで顔を拭きますが、そのときにあまり強くこするのは良くありません。
洗顔後の皮膚というのは水分を多く含んで柔らかくなっていて、刺激に敏感になっていますので、タオルで包み込むようにやさしく水気をふき取りましょう。





毛穴の黒ずみの原因は?

毛穴の黒ずみはそもそもどのような原因でできるのでしょうか?

毛穴に皮脂や汚れが溜まってくると、肌が黒く見えるようになってきます。古い角質と皮脂とが混ざり合ってできたものを角栓といいますが、この角栓が酸化すると黒くなり、黒ずみができるのです。

洗顔が不十分であったり、メイクや皮脂の汚れが溜まってくると毛穴が汚れてしまいますし、保湿不足により肌の水分量が低下すると毛穴の黒ずみをさらに加速させてしまいます。小鼻は特に皮脂の分泌が過剰になりやすいところで、毛穴の黒ずみが目立ちやすい場所ですから、小鼻の黒ずみで悩んでいる方が多いと思います。

特に夏場は紫外線の量が増え、汗や皮脂の分泌が活発になるので、注意しなければなりません。もともと毛穴は皮脂を分泌するためのものなので、皮脂が入っているのは当然ですが、毛穴を開かせない、目立たせないためには、皮脂の過剰分泌を抑えて、皮脂を毛穴に溜め込まないようにすることです。

そのためには、日ごろの洗顔やスキンケアが大切です。

「毛穴の黒ずみ除去商品NAVI」のTOPページへ